メインメニューをスキップして本文へ移動

文字サイズ

ふりがな

  • 福岡市
  • 春日市
  • 大野城市
  • 太宰府市
  • 那珂川町

本文の開始

家庭ごみの分別

 家庭から出るごみには様々な種類があり、それぞれ出し方が異なります。
 分別のしかたや収集日などについては、お住まいの地域のホームページよりご確認ください。

ごみの減量化に取り組もう(3R)

 ごみの減量化に必要な3R(スリーアール)とは、リデュース(Reduce)、リユース(Reuse)、リサイクル(Recycle)の3つのR(アール)の総称のことです。
 これらの3つのRに取り組むことでごみを限りなく少なくし、ごみの処理による環境への影響を極力減らし、限りある地球の資源を有効に繰り返し使う社会(=循環型社会)を一緒につくりましょう。

第1のR リデュース(Reduce)

 ものを大切に使い、ごみを減らすことです。

  • ものを大切に使い、できるだけ長く使いましょう。
  • ごみになりやすいものは買わないようにしましょう。

第2のR リユース(Reuse)

 使えるものは、繰り返し使うことです。

  • 詰め替えのできる商品やリターナブルびんを選びましょう。
  • いらなくなったものはフリーマーケットなどを活用して譲り合いましょう。

第3のR リサイクル(Recycle)

 ごみを正しく分別し資源として再び利用することです。

  • ごみを正しく分別して「ごみ」を「資源」にしましょう。
  • ごみを再生して作られた再生品を利用しましょう。

 何が資源になるのか皆さまは知っていますか?
 次のようなマークが付いているものが資源としてリサイクルできます。

再生PET樹脂リサイクル推奨マーク

※PETボトルを再商品化した製品につけられるマーク

再生PET樹脂リサイクル推奨マーク

グリーンマーク

※古紙を一定以上の割合で原料に使用した紙製品に表示されるマーク

グリーンマーク

牛乳パック再利用マーク

※使用済み牛乳パックを再利用した商品のマーク

牛乳パック再利用マーク

エコマーク

※環境保全に役立つと認められた製品に表示されるマーク

エコマーク